首の筋違いの症状

 朝起きたときに突然首が動かなくなる。
 このような症状が発症してしまった場合は、筋違い、寝違い症状を発症している可能性が考えられます。
 筋違いは、頚部の炎症によって発症する障害で、場合によっては1ヶ月程度痛みを引きずることもあり、馬鹿に出来ない病気といえます。
 筋違い・寝違いの基本的な症状としては…
⇒首の筋違いの症状(続きを見る)

首筋の痛みの原因

 首の筋違い、寝違いの原因は一体何でしょうか?
 首の筋違いの主な原因は頸部の炎症による痛みが主な原因です。
 この痛みは、急性的な原因と、慢性的な原因があげられますが、一般的に多発する寝違いなどによる首の痛みは急性的…
⇒首筋の痛みの原因(続きを見る)

首の寝違えの症状

 寝違えの原因は、眠る際の姿勢が大きく関与しております。
 この寝違いの症状は、大半が首への負担となって現れますが、腰や大腿部などへの症状となって現れる事もあります。
 これらの症状の原因も、同一部分への継続的な負担が主な原因となっております。
 また、ストレスによる肩こりから、血流の流れが低下し、首に痛みを生じる事も…
⇒首の寝違えの症状(続きを見る)

首の筋違いの治療法

 首の筋違い症状を発症してしまった場合の対処方法についてご説明します。
 まず、首の筋違い症状がある場合は、頸部の炎症が原因ですから炎症を抑制させる事が重要です。
 炎症は通常、発症し始めた日から2日間程度で消えていきますが、これはしっかり処置を行った場合です。
 基本はアイシングによって血行を抑制し、炎症自体の膨大化を抑制します。
 この際にしてはいけないことは…
⇒首の筋違いの治療法(続きを見る)

治療期間・反射のチェック

 首の筋違いなどの症状がある場合、病院へ診察に行くと、必ず手・足の状況を確認することからはじめます。
 よくある診察方法としては
●手のひらを前方に差し出す。
●眼の運動機能の確認
●膝の反射の確認
 この際にしてはいけないことは…
⇒治療期間・反射のチェック(続きを見る)